キングダム

【キングダム 14巻】宿す者 VS 堕とす者

キングダム14巻のあらすじと感想です。

あらすじ

飛信隊の前に突然現れた龐煖。信と羌瘣・二人がかりで戦うも信を一撃で倒した。

神を宿す武神・龐煖と、神を墜とす蚩尤・羌瘣の一騎討ちの様相となる。

勝機は全力の巫舞で超短期決戦と考えた羌瘣。全力で戦う羌瘣は龐煖を圧倒するも、徐々に呼吸が苦しくなり、遂に限界を迎える

龐煖には敵わないと考えた羌瘣が撤退しようとした時、趙・万極(まんごく)軍、更にそれを追って干央率いる騎馬隊が現れる。

趙総大将である龐煖を確認した干央は、龐煖を討ち取れと全兵士に号令をかける。

これにより、現場は大乱戦となる。

意識を取り戻した信は、飛信隊員の集の力で龐煖を討ち取ろうと画策する。

だが、信の攻撃さえも龐煖の急所には届かなかった。逆に信が強烈な一撃を受けて再び倒れる。

隊長・信が戦闘不能になったことで、遂に飛信隊は退却を決断する。

飛信隊は犠牲を出しながらも山中まで逃れることができた。

しかし、万極の執拗な追撃により飛信隊は散り散りとなる。

信は隊員の命懸けの手助けで追手を免ることがてきた。

 

5日目

石(せき)の石笛により隊長・信をはじめ、飛信隊は再結集を果たす。

だが、犠牲は大きく、飛信隊員の数は36人となっていた。

秦軍と合流する為に進む飛信隊は、趙軍将軍・渉孟に襲われる。

あわやというとき、王騎将軍の騎馬隊が現れ、王騎軍対渉孟軍となる。

渉孟の武は凄まじく、総大将王騎へと迫っていく。

王騎はそれに応え一騎討ちとなるも、一蹴。いとも容易く渉孟を葬る。

 

趙軍本陣へ帰還した龐煖。更にそのすぐ後、蒙武軍は趙軍本陣を目前にしていた。

蒙武軍二万五千は趙軍本陣三万へと襲い掛かる。

急襲の勢いと蒙武の武で少しずつ趙軍は退がり始める。

そして遂に、趙軍本陣の総大将 龐煖の姿をとらえる。

 

感想

武神龐煖

飛信隊が逃げようとしたとき

「一人も、この場を離れることは許さぬ」

魔王みたいなことを言います。絶対絶命感しかないです。

干央軍三千人が襲いかかってきても全然動じないし。

自分から始めた夜襲なのに途中で「フン」って勝手に帰るし。

この人怖すぎでしょ。

干央軍長

干央は万極に倒されました。

信が龐煖にやられるのを見てたから。。。

しかも刺された瞬間「!?」ってリアクションです。

戦ってたじゃん。なんで後ろから刺されるの?よそ見しすぎ。。。

伍長の強さ

飛信隊全体の人数は4割弱となったのに、伍長の生き残りは13人。やっぱり伍長って強いんですな。

王騎将軍

蒙武並と恐れられた渉孟をワンパンです。武でも化物の王騎将軍。六将ハンパないです。

【キングダム 13巻】我武神龐煖也 キングダム13巻のあらすじと感想です。 あらすじ 趙将・馮忌を討ち取り、飛信隊・信として勝ち名乗りを上げる。 ...