キングダム

【キングダム 2巻】山の民ってどんなやつ

キングダム2巻のあらすじと感想です。

あらすじ

目的地に到着した信、政、河了貂の3人だが、そこには支援者である昌文君の姿はなかった。

昌文君の到着までのひと時の休息をとっているところを刺客に襲撃される。

一瞬の隙をつかれ政が狙われ、あわやというまさにその時、刺客は一刀両断にされる。

遂に昌文君が到着したのである。

合流した一行は状況の整理と今後の展開を確認する。

政の庇護者である呂氏を頼るのが筋だが、呂氏は政を助ける気がない。呂氏は政が殺され王弟・成蟜が即位する時を待っている。そしてその時、成蟜と竭氏の非道を暴き、自らが王となるという謀略がある。

呂氏と竭氏の動静を見守り、タイミングを待つという選択。これも現実的ではない。呂氏と竭氏の争いは国を二分するほどの争いとなる。絶対に避けなければいけない。よって一刻も早く王宮へ帰る必要がある。

中に味方がいないなら外に味方になる者を見つければいい。秦の西に広がる山の世界には平地の世界とは交わることのない山の民がいる。彼らと盟を結ぶことができれば。。。。可能性は低いがそれにかけるしかない。

 

一行は『山の王』に会うため山を登る。

山登りは城を脱出してから充分な休息がとれていない昌文君らには険しい道である。

疲れが溜まり周囲への警戒を怠っていたこともあり、気がついたときには山の民の集団に完全包囲されていた。

衝突を避ける為、政は1人で行くことを決める。そして半拉致状態で山の民に連れて行かれてしまう。

信は政を追って潜入を試みるもあっけなく捕まり、山の民の国へと連行されてしまう。

 

感想

世間知らずでもかっこいい信

信は政の手助けをすれば将軍になれると思っていました。

まずは家と財をもらい、下僕ではない身分になるところから始まるようです。へーー。

王を助ける割には褒美が小さい気もするけど、最初の目標がはっきり決まり俄然やる気がでた信。主人公らしさ全開で気持ちがいいですね。

山の民に囲まれたシーンでは喧嘩上等な信はかっこいいですね。

てか、「抜刀!!」て何でお前が号令出してるのさ。

王様の政

政は相変わらずクールですね。アニメの政担当は福山潤だそうです。なるほど。山の民との一触即発時の「待て!!」はルルーシュぽいです。

今回もかわいい河了貂

ムタのおっさんから吹き矢をもらい戦闘力の上昇を図ります。少しでも力になりたいという思いなのでしょうね。健気です。

いぶし銀なり昌文君

昌文君の登場シーンはかっこいいですね。

「我が王に何の真似だ 貴様」

ザン

ひざまづきからの

「よくぞご無事で」

昌文君の忠誠心いいですね。

漂のことは本当に万が一の保険であり、死なすはずではなかったようです。信に謝りました。かなり高い身分であろう結構な歳の男が下僕の少年に謝罪をする。大人です。

昌文君の副官・壁

漂の話をする時、信を近くに呼んでやる心遣いができる男。名家出身なのに下僕である漂や信と対等に接しています。さすが昌文君の副官といったところですね。いいやつです。

王騎軍と昌文君がある程度戦えたワケ

王騎将軍は引退して何年も経つといわれています。それに対して、昌文君は武官を退いてはいますがこの日の為に訓練をしてきたのだと思います。

だからあの王騎軍にそこそこ戦えたのでしょう。

王騎将軍は戦を離れた期間が長すぎたのかオカマ属性を獲得しています。

いつでも鎧装備で臨戦態勢の王騎将軍ですが、早朝に召喚するとすっぴん王騎を拝むことができます。

四角いオッサン

ムタの出身は南越(今の中国の南部からベトナムの北部)です。蛮族とバカにされがちなのを気にして得意の吹き矢を封印します。結果、信のレベルアップのための踏み台にされてしまいました。プライドを守る為に最後まで信には吹き矢を使いませんでした。立派だぞオッサン。

山の民にもモラル有り

うわさ通りの野蛮で異形な姿をしている山の民。言葉も違います。彼らと盟を結ぼうというのだから正気の沙汰ではないですな。怖すぎ。。。

信らのキャンプを襲った時、信と壁はぼこぼこになっているけど、河了貂は無傷なんですよね。子供は襲わないというモラルはあるようです。

【キングダム 1巻】夢は天下の大将軍 キングダム1巻のあらすじと感想です。 あらすじ 紀元前245年の中華西方の国『秦(しん)』 戦争孤児で下僕の少...
【キングダム 3巻】同盟成る!!いざ王都奪還へ キングダム3巻のあらすじと感想です。 あらすじ 拉致のような状況ではあるが政は山の王・楊端和(ようたんわ)との謁見に...